一枚板検定

1欅(ケヤキ)は白身より赤身が多い方が価値がある

2木には『赤身』と『白身』がある

3柳(ヤナギ)は高級まな板として使われることがある

4欅(ケヤキ)と杉(スギ)は『赤身』である

5栃(トチ)と柳(ヤナギ)は『白身』である

6欅(ケヤキ)と杉(スギ)は、赤身が多いほど値段は高くなる

7栃(トチ)と柳(ヤナギ)は、白身が多いほど値段は高くなる

8天板と脚は固定しなければならない

9一枚板には、乾燥材と未乾燥材がある

10未乾燥材の一枚板は、反りや割れが起こりにくい

11一枚板を塗装すれば反りや割れは起きない

12未乾燥材の一枚板はカビが生えやすい

13合板とは、薄いベニヤ板を合わせたものである

14無垢は必ず『反り』『割れ』『ヒビ』が発生する

15無垢の断熱性は鉄の約2倍である

16桐(キリ)より備長炭の方が調湿効果がある。

17木の中には伐採禁止のものがある

18伐採禁止の木を入手することができない

19一枚板・無垢テーブルの乾燥期間は2年以上である

20逆目はどれ?

21一枚板の塗装は堅い方が良い

22欅(ケヤキ)の一枚板は杉に比べて傷つきやすい

23長さ2000mm(2m)は6人掛けサイズだ

24厚みが薄いほど『反り』にくい

25栃(トチ)より桜(サクラ)の一枚板の方が圧倒的に安い

26『節(ふし)』がないものを業界用語で『化粧材』という

27『節(ふし)』がない方が『安くなる?』

28アルアートで大人気の杢目『虎杢(とらもく)』はどっちだ

29『中古の一枚板』は安いから買うべきだ

30一枚板の値段の差は『長さ』でほとんど決まる

31『暴れ木』とは『反り』がひどい材料をいう

32メンテナンスフリーの一枚板は危険

33無垢の調湿作用は『湿気が多い日に湿気吸収』をする機能をいう

一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求