魂の制作現場

30日間全額返金保障や32項目に及ぶダブルチェック、5回の塗装。あなた様に満足してもらうために、毎日、品質向上・サービス向上・お客様満足度の向上を追求しています。

そこで、私がどのようにあなた様の一枚板を制作しているのか、公開したいと思います。他社さんにはちょっと内緒にしておいて欲しい内容もチラホラ・・・。アルアートの安さの秘密・品質の高さ。これを見れば分かります。

一枚板を作るためには、まずは「恋人探し」が必要です。あなた様に愛して頂ける一枚板(恋人)を、数十万~数百万という数の材料の中から、材料を選ばなければいけません。もちろん、私自身で最良の材料を探します。片道20km、もし良いものが無ければ、諦めて帰ります。それぐらいのこだわりが必要です。そして、アルアートは独自のルートを使い、他社さんでが仕入れている価格の約30%~50%以上安く材料を仕入れることができます。

恋人の一枚板に出会うために・・・。 魂の制作現場【次へ】 ”みみ”を作る

一枚板の美しさを決める1つの要素である「みみ」という部分を作ります。少しでも失敗すると全てが台無しになってしまう工程です。慎重に、慎重に・・・。美しさを出すため、満足出来る一枚板にするため最大22回もやり直しを行うこともあります。

神経を最大限に集中して「みみ」を作る 魂の制作現場【次へ】 徹底的に磨き上げる

一枚板はご存じの通り、「木」で作られています。木の表面は「ざらざら」しています。テーブルとして使うにはまだまだの段階です。テーブルとして一枚板を利用するために、表面を徹底的に磨き上げます。

「ざらざら」を取り除きます。 魂の制作現場【次へ】 続・徹底的に磨き上げる

「さっき磨いたでしょ?」とお思いですか?まだまだです。別の道具を使用し、徹底的に磨き上げます。この工程で手を抜いてしまうと、次の工程である「塗装」の品質が悪くなってしまいます。また、時間のかかる工程ではありますが、表面の輝きも出すためにもこの工程は必須です。

まだまだ「磨き」の作業は終わりません。 魂の制作現場【次へ】 3回にもおよぶ板表の塗装・乾燥

一枚板の板表(テーブルの上側)に塗装を行い、テーブルの表面を保護します。もちろん、この保護を目的とした塗装に「色」はついていません。無色透明で人体に有害ではないものを使用しています。塗装、乾燥、塗装、乾燥・・・。と合計3回にも及ぶ塗装を行うことで、傷や衝撃に強く、長持ちする一枚板ができあがります。

綺麗に、そして丁寧に。 魂の制作現場【次へ】 板裏の塗装・乾燥

アルアートでは、板裏(テーブルの下側)にも塗装を施しております。テーブルの裏は、水が付いてシミになったり、テーブルが傷むこともほとんどありません。しかし、「万が一」ということがあります。その為に、2回の塗装を施しております。もちろん、人体に有害のない塗料を使っておりますので、ご安心ください。

板裏の塗装も忘れずに 魂の制作現場【次へ】 32項目のダブルチェック

仕入から塗装までの工程を見て頂きました。しかし、まだこれからやることがあります。それは「32項目のダブルチェック」です。これは私が製作した一枚板に問題がないかどうかを、2人以上でチェックする仕組みです。楽しみにして届いた一枚板に大きな傷あったら。それは絶望的です。お客様に満足して頂くために独自の項目をチェックをします。

長野自らもチェックを行います。 魂の制作現場【次へ】 手作業で「ぴかぴか」に。

チェックした結果、何も問題がなければ、丹念に手作業で磨きます。表面についた木の粉などを、見落とすこと無く拭きます。この作業は梱包する直前に行う必要があります。直前にやらなければ、木の粉などが付着してしまうからです。

木の粉を残らず拭き取ります。 魂の制作現場【次へ】 愛を込めた梱包作業

ついに梱包作業です。あなた様のお宅に届くまであと少しです!梱包作業は重さ30キロ以上になる一枚板を縦にしたり、横にしたり、裏返したり・・・。かなり力の必要な仕事です。しかし、この梱包作業に手を抜いてしまうと、配送中に傷が入ってしまうことがあります。

愛を込めて梱包しています。 魂の制作現場【次へ】 佐川急便様、お願いします。

ついに最後です!愛を注いだ一枚板を、ついに発送するときがきました。あなた様のお宅に、3日程度でお届けします。佐川急便さん!よろしくお願いします。私が一枚、一枚、愛情を注いだ一枚板です。大切に使ってくださいね。長野からのお願いです。

発送中の写真
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求