一枚板 榎の特徴

楓はあなたにおすすめ

榎はニレ科エノキ属で高さ20m以上の大木に成長する事もあります。

材の色は白色~黄褐色です。堅く傷付きにくいので、テーブルに適しています。辺材と心材の境が明瞭でなく、昔から建築用材、家具材、道具材、薪炭などに使われていました。風合いが似ている事から欅(ケヤキ)の代用とされる事もあります。着色すると欅ソックリの木目がでることも・・・。余談ですが、東京競馬場の3コーナーに生えている大木も大欅と呼ばれているが実際は榎です。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例129 巨木から取れたワイルドケヤキの一枚板

高橋さまの設置事例。

直径約1500mmを超える巨木からとれた一枚板です。赤みが濃く、年輪はくっきりと出現してケヤキの魅力が100%活きてます。あえて枝分かれ部分を切らずに残しました。枝分かれ部分にしか出せない大迫力の木目が、天然木のワイルドさを引き立てています。このサイズでこれだけキレイな木目が広がる一枚板はなかなか手に入りません。どの角度から見ても飽きの来ない作品です。脚はオーダーメイド脚を設置しました。

設置事例056 無垢は一枚板だけじゃない!

日尾さまの設置事例。

長さ1800 幅900 の杉のはぎ合わせです。一枚板でこのサイズですと超高額になりますが、はぎ合わせだからできる価格で、販売させて頂きました。納期もギリギリでしたが、ご満足頂ける頂けたとのご連絡をお電話で頂き、感激しました。

設置事例131 流れる一筋の赤身

柴田さまの設置事例。

一筋の赤身がはいった栃の一枚板。真っ白なお部屋に映える赤身が、アクセントになっています。白身にはかなり貴重な「虎杢」が広がっています。上からライトを当てることでどこから見ても光り輝き、杢目がイキイキしています。これぞ栃です。また、脚もオーダーメイドでご注文いただきました。流れるようなこの「一筋の赤身」があるからこそ、美しく、世界に1つだけの素晴らしい一枚板になりますね。

設置事例116 美しい銀杏のこたつ

K.Cさまの設置事例。

「反り」や「割れ」などの狂いが少ない銀杏(イチョウ)の一枚板テーブルです。この一枚板テーブルは、大きな色ムラもなく、銀杏(イチョウ)ならではの真っ白な色合いが特徴的です。また、ところどころにある節もアクセントになっていて、天然木の風合いが楽しめますね。座卓のこたつ用テーブルに製材させていただきました。大きな観葉植物ともとても馴染んでいますね。

設置事例121 ギュッと凝縮した超優秀な一枚板

宮﨑さまの設置事例。

お問い合わせしていただいたときは杉の一枚板テーブルをお探しでした。ですが、何枚か商品写真をお送りしたところ、一年一年の「年輪」がキレイなのが特徴のケヤキを選ばれました。ケヤキは曲がって育つ木が多いので木目も曲がっていることがほとんどです。ですが、この一枚板テーブルは真っ直ぐ育ったのでケヤキの中でも木目が素晴らしい仕上がりになりました。ケヤキの良さをギュッと凝縮した超優秀な一枚板テーブルです。脚はT脚ダイニングで仕上げました。色合いがナチュラルな雰囲気の部屋に相性抜群です。ダイニングの顔になっています。

設置事例023 存在感、極まる一枚板

竹本さまの設置事例。

クスの一枚板です。着色したクスの一枚板で、クスの個性的な縞模様がハッキリと分かる様になりました。落ち着いたアジアンテイストのお部屋に置いて頂き、非常にマッチしていますね.写真までご送付頂き、感謝感激でございます。

楓ギャラリー1 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求