一枚板 楓の特徴

楓はあなたにおすすめ

楓はモミジと呼ぶこともあります。楓は大木が少なく、巾が広くテーブルに加工できる材は希少ですが、材は堅くテーブルに最適です。

楓は材色は白く、日に当たるとやや黄色になり、使い込むほど味わいがどんどんと増します。この楓はやや硬く、建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。色は明るい白褐色なので、優しい雰囲気になります。白褐色の中にもやや赤みがあり、穏やかなイメージで、洋和風問わずどのようなライフスタイルにも適します。楓は広葉樹であるため、板がとても堅く傷がつきにくいため、長く使用したい方にはお勧めの一枚板です。

普段、家庭で使用するテーブルとしては傷に強い、楓で作られた一枚板をお勧めしております。

楓は頑丈

一枚板を購入して頂いた方やこれから購入を考えている方のほとんどは「自宅」で使用する事を考えて購入されています。自宅で使用されるのであれば、もちろん「傷」の心配があります。一枚板に「傷」が発生してしまいますと、そこからどんどん悪くなっていってしまいます。ですが安心してください。楓はその悪くなる原因、「傷」にとても強いのです。もし、あなたが「傷」が付くことが不安でしたら、楓を視野に入れて購入を考えられると良いでしょう。

楓はとても堅い木材です。さらに楓は他の板と比較すると安価なのです!楓は当社の販売実績からいってもNo.1の販売実績を持っているエリートです。傷が付きにくく、さらに楓は他の木材と比べて安価ですから当然です。建築の内装材としては高級材で、洋家具では、木の質感がとても映える材質です。自宅で頻繁に使用する目的で購入するのであれば、安価で頑強な楓が一番のお勧めです。「買った直後に傷だらけになってしまった!」ということはまずありません。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例078 とにかく幅広の一枚板

H.Tさまの設置事例。

アルアートに3回もご来店いただきました。H.T様のご希望は「とにかく幅広の材料」でした。材質は傷に強い欅を採用させていただきました。無垢チェアもアルアートのものをご利用いただいています。

設置事例047 銀杏のピッタリ合体一枚板

丸山さまの設置事例。

銀杏のダイニングをカウンターです。キッチンにピッタリ合うサイズをご指定頂き、銀杏の、幅が広い材質を選んで頂きました。カウンターと一枚板をピッタリ合わせる加工、非常に困難でしたが、写真を頂き、設置完了できたとのご報告頂き、ほっとしました。

設置事例049 昔ながらの一枚板

匿名さまの設置事例。

個性的な形の一枚板です。ご購入からしばらくして、写真とお喜びを声を手書きで頂きました。ブラウン系の色で着色しておりますので、和室に最適です。個性的な形ですのです。これぞ一枚板といった迫力があります。

設置事例036 これが、ワイルド銀杏の一枚板

高橋さまの設置事例。

個性的な形をした銀杏です。枝分かれ部分を使用しておりますので、耳の部分に枝があった所が見え、これぞ天然木といった味があります。明るい色合いの材料ですので、洋間のダイニングに最適な材質です。

設置事例142 ブラックウォルナットの一枚板?

H.Kさまの設置事例。

一枚板と間違えそうですが、実はブラックウォルナットの一枚板を3枚使った接ぎ合わせテーブルです。違う木からとれた一枚板を接ぎ合わせると、木目や色合いにばらつきが出てしまいバランスが悪くなってしまいます。ですが同じ木からとれた一枚板を使うことで色合いや木目を合わせることができます。ぱっと見ると一枚板に見えるように仕上げたこだわりの作品です。値段を抑えて天然木の一枚板テーブルをお探しでしたら接ぎ合わせテーブルもおすすめです。そして脚は、真っ黒に塗ることもできますがブラックウォルナットの色合いに合わせて塗装しました。脚もテーブルやお部屋の雰囲気に合わせて塗装できるのでご相談ください。また、イスもアルアートでそろえていただき、ベンチはテーブルと同じブラックウォルナットの一枚板で作りました。全体的に統一感がありまとまった仕上がりになりました。

設置事例086 オール・トチ

H.Kさまの設置事例。

天板も脚も「オール・トチ」です。木の根っこの方を使った一枚板なので、虎杢がばっちりでています。通称「根木」ともいいます。ギラギラして、平均的な栃の一枚板に比べて虎目が多いのが特徴です。天板のインパクトに負けないように、オーダーメイドで脚も栃を使用しています。

楓ギャラリー1 楓ギャラリー2 楓ギャラリー3 楓商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求