一枚板 胡桃の特徴

胡桃はあなたにおすすめ

胡桃(クルミ)は、大きくなるのが非常に遅いため、一枚板テーブルに使用できる巾の材料は非常に希少品です。外国の胡桃(クルミ)の事をウォルナットと呼び、ウォルナットは世界三大銘木の一つであり非常に人気があります。木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、また狂いが少なく加工性や着色性も良いという特性を持ち、又、落ち着いた色合いと重厚な木目から高級家具材や工芸材にも使用されています。育つ環境により、白色から赤褐色まで様々な色があります。細かく波の様な木目で、迫力がありながら、落ち着いた木目でもあります。最高級材料の一つです。

感謝!お客様から頂いた設置事例

設置事例001 小さな子供がいても安心。傷に強い欅

佐野さまの設置事例。

こちらの板は、当店の近くで新築される方にご購入頂きました作品です。床に無垢材を使用しており、床の色に合った天板を選んで頂きました。小さなお子様がいる為、傷が付き難い材料”欅”をオススメし6人掛でも使用できる長さで制作しました。1800mmあればゆったりと6人座れるのですが、お部屋のバランスも考え1650mmとなりました。対面キッチンの前に置く為、カウンターの高さと合わせ床から天板上部までの高さを720mmにするなど、細かな所まで使い勝っての良さを追求しました。

設置事例083 無垢の部屋

I.Rさまの設置事例。

落ち着いた色合いの「銀杏」で制作した一枚板です。銀杏は洋間、和室問わずにマッチングする色合いが特徴です。カウンターも、幅の狭い銀杏で制作させて頂きました。カウンターは片耳をカットして取り付けやすいようにしました。お部屋全体に無垢を活用していることから、コダワリが感じられますね。

設置事例034 一枚板を壁に

鷲見さまの設置事例。

トチのキッチン裏のカウンターです。お客様からご依頼頂き、工務店と打ち合わせし制作した作品です。天板はと脚は同じ木から取れたトチ材で制作しております。白身、赤身の色合いのバランスも良く、違和感ありません。床材がカバで比較的トチに似た色合いですので、明るい色合いのお部屋にマッチします。

設置事例093 シャンデリア×一枚板

岡田さまの設置事例。

銀杏の一枚板、銀杏のベンチを制作させていただきました。このように片方ベンチ、片方椅子という構造の注文が増えてきております。銀杏は落ち着いたカラーが特徴で、洋室にも良くマッチしますね。シャンデリアもキラキラして素敵なお部屋です。

設置事例036 これが、ワイルド銀杏の一枚板

高橋さまの設置事例。

個性的な形をした銀杏です。枝分かれ部分を使用しておりますので、耳の部分に枝があった所が見え、これぞ天然木といった味があります。明るい色合いの材料ですので、洋間のダイニングに最適な材質です。

設置事例040 ショールーム?こんなお家に住んでみたい

塩本さまの設置事例。

脚は鉄脚をブラック塗装。天板はケヤキです。アイアン脚と天然木の組み合わせもアクセントになり良くマッチします。ベンチはトチの一枚板です。ケヤキ天板は和室の堀コタツにも使用できます。

胡桃ギャラリー1 胡桃商品 楓商品
一枚板の相談・見積もり・ご購入・・・今すぐ相談してみる! 資料請求